ポイゲト公式ツイッター ポイゲト公式Instagram

【CASHMART】安全なアプリ?使い方からメリット&デメリットを徹底解説【招待コードあり】

どうも「ポイントゲット。」です。

本日の記事は、CASHMART(キャッシュマート)の安全性から危険性、メリット&デメリットまでCASHMARTの使い方や評判をご紹介します。

CASHMART(キャッシュマート)は、内村カレンの超社会科見学でも紹介されたポイ活アプリで、指定の写真を撮ることでポイントがもらえる斬新な写真買取アプリです。

特別招待コード「sIthoW」を入力して登録することでと20円がもらえるぞ!招待コードを入力しないと0円からのスタートとなるので注意しよう!

CASHMARTって安全?危険?

CASHMART(キャッシュマート)の安全性ってどうなの?危険性とかないの?

と、CASHMARTが安全なのか危険なのか気になる人もいるかもしれませんが、結論から言えば安全なポイ活アプリです。

安全じゃなければテレビでも紹介されないからね!なのでキャッシュマートは安心して利用できるアプリなのでご安心を。CASHMARTを利用して長いけど危険性を感じたことは一切ないぞ!

CASHMART(キャッシュマート)を運営するのは株式会社Dashというインターネットを活用した小売・消費財メーカー様向けの事業を展開する企業が運営しています。

CASHMARTのメリット

写真を撮るだけでお小遣いが稼げる

CASHMART(キャッシュマート)のメリットは、写真を撮るだけで簡単にお小遣いをゲットすることができることだね!

CASHMARTのアプリを起動すると今日のミッションが表示され、買取可能なアイテムが掲載されているので、その指定されたミッションの写真を撮るだけです。

ホーム画面のスクショ・レシートの写真・ランチの写真・冷蔵庫の中の写真など簡単なミッションが多数あるので写真を撮るだけでポイントをゲットできるよ。

お手軽にポイ活が始められる

CASHMART(キャッシュマート)は電話番号さえあればすぐにポイ活を始めることができるよ。

メールアドレスも不要なのでお手軽に始められるのでメリットですね。

名前や住所などの入力も求められないので個人情報が悪用されたり、流出や漏洩する危険性もないのでポイ活アプリに不安がある人でも安心して利用できます。

少ないポイントでギフト券と交換できる

CASHMART(キャッシュマート)は少ないポイントでギフト券と交換できるのも魅力の一つだね!

Coke ONドリンクチケットなら176円分のポイントで、ミスドなら220円~、Amazonギフト券なら330円からと少ないポイントで交換できるので初心者の方でも確実にギフト券をゲットすることが可能です。

交換できるギフト券一覧
  1. Amazonギフト券
  2. サーティワンアイス
  3. タリーズデジタルギフト
  4. ドトール イーギフト
  5. Coke ON
  6. ミスタードーナツギフト券
ポイントを何と交換したい?
ポイントゲット【検索】

CASHMARTのデメリット

現金に交換できない

CASHMART(キャッシュマート)のポイントは現金化ができない!これは個人的に大きなデメリットです。

ポイントを現金に交換できないため、現金化が目的なら利用しても意味がないです。ただ、Amazonギフト券が交換先にあるので基本的に現金と同じように使うことは可能ですね。

あくまでもコツコツ系アプリ

CASHMARTはガッツリ稼げるアプリではなく、確実かつコツコツ貯まるアプリです。

お手軽に確実にポイントをゲットしたい人向けなので、ガッツリ稼ぎたい人は普通のポイントサイトを利用した方が絶対にいいです。

一応、一般的なポイントサイトと同様に案件に登録や申し込み、購入などをしてポイントを貯めることできる「チャレンジ」というコンテンツがあります。

CASHMARTの使い方

CASHMARTの使い方は簡単だぞ!

  • STEP1
    アプリをダウンロードする
    まずは「CASHMART」の公式サイトからアプリをダウンロードしよう!
  • STEP2
    アカウントを作成する
    アプリを起動したら「アカウント作成」を選択して携帯の電話番号を入力してください。
  • STEP3
    認証コードを入力する
    折り返しSMSで認証コードが送られてくるので認証コードを入力してください。
  • STEP4
    招待コードを入力する
    招待コードの入力画面が表示されるのでポイントゲットの特別招待コード「sIthoW」を入力します。
  • STEP5
    登録完了
    これでCASHMARTの登録が完了です!

あとは指定された写真を撮るだけでポイントをゲットできるぞ!

まとめ

CASHMART(キャッシュマート)の使い方からメリット、デメリットの解説でした。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました