Twitter(X)YouTube
※当ページのリンクには広告が含まれています。

モッピーPayがヤバい!メリット&デメリットを徹底解説【ポイ活】

どうも「ポイントゲット。」です。

今回は、ポイントサイト「モッピー」が11月30日新しく始めた決済サービス“モッピーPay”のメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

累計会員数1000万人以上を超える、国内最大級のポイントサイト「モッピー」が実店舗やオンラインショッピングで使える決済サービスをリリース。

その名もモッピーPay…ポイ活民からは不評?みたいで、その理由(デメリット)がちょっとヤバかったので詳しくご紹介します。

モッピーPayとは?

モッピーPayとは、モッピーで貯めたポイントをチャージして、Visaのタッチ決済対応加盟店や「QUICPay™(クイックペイ)」加盟店使えるキャッシュレス決済サービスです。

コンビニやスーパー、家電量販店などでも使用できますし、オンラインショッピングやゲームの課金などにも使用できるので、一見すると凄い便利な決済サービスに見えますが、実はモッピーPayにはメリットだけでなく、とんでもないデメリットが存在したんです…

モッピーPayのメリット

モッピーポイントでお買い物が出来る

モッピー内で貯めたポイントを、モッピーPayにチャージすることで、実店舗やオンラインサービスで使用することができます。

オンラインで使用する場合は、Visaプリペイドカード(バーチャルカード)を使用することでネットショッピング・ゲーム課金・有料ダウンロード、動画配信サービスなどのネット決済が可能になります。

決済代金の0.5%が還元される

モッピーPayのVisaプリペイドカード(バーチャルカード)で決済すると、決済金額の0.5%のモッピーポイント還元が還元されます。

モッピー残高を送金できる

モッピーPay同士なら、残高を送金することができるため、割り勘やお小遣いの受け渡しなどが可能になります。

モッピーPayのデメリット

180日以上使ってなかったら毎月10P減算

モッピーPayのデメリットは、180日以上残高に変動がない場合、毎月1日に運営管理費としてモッピーポイント10円分が減算されることです。

1年利用してないと自動で退会させられる

モッピーPayのデメリットは、モッピーポイントが0円且つ、1年間利用されていない場合は自動的にモッピーPayを退会させられることです。

再度利用する場合は、新たにモッピーPayのアカウントを開設する必要があります。

後払いチャージ機能を使うとCIC情報に載る

モッピーPayのデメリットは、後払いチャージ機能を使うことで、CIC情報(クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報)に載ってしまうことです。

CIC情報に載ることで、クレカ発行などで少なからず影響が出てしまう可能性があります。

モッピーPayの解約は電話のみ

モッピーPayのデメリットは、電話解約(有料)のみとなっている点です。

アプリ上で簡単に解約できるのかと思ったら、電話で解約しないといけないんですよね(笑)60ポイント取られますが1年間放置する手もありかもしれません。

現状はモッピーPayは様子見・・・

個人的にモッピーPayに魅力を感じられないため、ポイントゲットは様子見ですね。

まず、半年間使っていないとポイント減算がある点と、簡単に解約できない点が一番ネックですね。アカウント作ってしまったので放置して自動退会になるのを待ちます(笑)

ポイントサイトは、ちょくちょく決済サービスやプリペイドカードを登場させるが、本当の意味で成功しているところは少ないですね・・・

モッピーも昔、POINT WALLET VISA PREPAIDを提供していましたがサービス終了、ハピタスもポレットカードを提供していましたがサービス終了・・・

唯一続いているのは、ワラウのワラウカードくらいですかね。

さて、モッピーPayは何年持つでしょう・・・

それではまた!

タイトルとURLをコピーしました