ポイゲト公式ツイッター ポイゲト公式Instagram

【最新版】Kyashの登録方法と使い方!メリット&デメリットまで徹底解説

どうも「ポイントゲット。」です。

本日の記事は、Visaプリペイドカード「Kyash」の登録方法から使い方、メリット&デメリットまで、Kyashについて詳しくご紹介します。

Kyashはプリペイド式のVISAカードで、アプリをダウンロードして登録をするだけで、誰でも無料ですぐに「Kyashバーチャルカード」を発行できるアプリです。

オンライン決済だけでなく、実店舗でも利用可能ですし、個人的送金や割り勘もできる非常に便利なアプリなので是非興味がある人は記事を最後まで読んで頂けると幸いです。

Kyashカードの種類と比較

Kyashカードの種類 Kyash Card,ポイントゲットKyash Card Kyash Card Lite,ポイントゲットKyash Card Lite Kyash Virtual,ポイントゲットKyash Virtual
本人確認 必須 任意 任意
年会費 無料 無料 無料
発行手数料 900円 300円 無料
ICチップ 対応 非対応 非対応
VISAタッチ決済 対応 非対応 非対応
QUICKPay+ 対応 対応 対応
国内決済 対応 対応 オンライン決済のみ
海外決済 対応 オンライン決済のみ オンライン決済のみ
決済上限 1回あたり:30万円
月あたり:100万円
1回あたり:5万円(本人確認済み:10万円)
月あたり:12万円(本人確認済み:15万円)
1回あたり:3万円(本人確認済み:10万円)
月あたり:5万円(本人確認済み:15万円)
ポイント還元率 Kyashマネー:1%
Kyashバリュー:0.2%
Kyashマネー:0.5%
Kyashバリュー:0.2%
Kyashマネー:0.5%
Kyashバリュー:0.2%

Kyash Card

Kyash Card,ポイントゲット

Kyash Cardは、発行手数料900円、本人確認必須のVISAプリペイドカードです。

ICチップ、VISAタッチ決済、海外決済まで対応しており、決済上限も大幅にアップしているので頻繁にお買い物をされる方はKyashカードがおすすめです。

デザインもシンプルで洗練されていていい感じだね!これなら持ってても恥ずかしくないぞ!

Kyash Card Lite

Kyash Card Lite,ポイントゲット

Kyash Card Liteは、発行手数料は300円、本人確認なし(任意)のVISAプリペイドカードです。Kyashカードよりも機能が劣る点がありますが、実店舗でも利用できるので、とりあえずプラスチックのカードを発行したい人はKyashカードライトで十分です。

Kyashカードの下位互換で、バーチャルカードの上位互換だと思えばいいぞ!

Kyashバーチャルカード

Kyash Virtual,ポイントゲット

Kyashバーチャルカードは、アプリをダウンロードすれば即座に作れるオンライン決済向けのVISAプリペイドカードです。

本人確認もなく、発行手数料も無料だよ。スマホさえあれば小学生でも作れるよ!

Kyashの登録方法

  • STEP1
    アプリをインストールする

    Kyash」の公式サイトからアプリをDL。

    Kyash,会員登録

    Kyashのアプリを起動したら「Facebookで始める」または「メールアドレスで始める」を選択だ!

  • STEP2
    必要事項を入力する

    会員登録に必要な氏名やメールアドレス、パスワードを入力しよう!

    Kyash,会員登録

    完了を押すと、「ご本人様の本名で間違いありませんか?」と表示されるので、間違いがなければ「OK」を押してください。

    Kyash,会員登録

  • STEP3
    生まれた年を入力する

    続いて、生まれた年を入力するんだ。ポイントゲットはいつ生まれたんだっけな…?

    Kyash,会員登録

  • STEP4
    SMS認証を行う

    次のページで電話番号の入力が求められるので電話番号を入力し「登録」をクリックします。

    Kyash,会員登録

    折り返し、SMSで6桁の認証番号が通知されるので、その番号を入力すればKyashの登録が完了だよ!

    Kyash,会員登録

  • STEP5
    バーチャルカードを発行しよう!

    登録完了画面から「バーチャルカードを発行(無料)」をタップすれば、即時バーチャルカードがアプリ内に発行されます。

    Kyash,会員登録

    あなた専用のバーチャルカードなので他人に見せないようにね!

Kyashの使い方

Kyashバーチャルカードを発行する

Kyashバーチャルカードは、アプリをダウンロードして会員登録をすれば、誰でも無料で即時発行できます。

Kyashリアルカードを発行する

Kyashリアルカードの発行手順
  1. Kyashアプリを起動する
  2. 左上のカードアイコンをタップ
  3. 「Kyash Card発行申し込み」「Kyash Card Lite発行申し込み」のいずれかを選んで申し込みをする
リアルカードは2種類あるぞ
ポイントゲット【ピンクマ】

「Kyashカード」と「Kyashカードライト」のどちらを選ぶかによって発行手順や手数料が異なるので、自分の用途にあったカードを選択してください。

Kyash Card
  • 発行手数料900円
  • 本人確認書類を2点アップロード
  • 本人確認情報を登録
  • 氏名と住所と登録
Kyash Card Lite
  • 発行手数料300円
  • 氏名と住所を登録

各カードの発行手数料はKyash残高から引かれるので、カード発行前に事前に発行手数料分をチャージしておきましょう!

Kyashにチャージする方法

Kyashのチャージ方法
  1. クレジットカード/デビットカード
  2. 銀行口座振込
  3. セブン銀行ATM
  4. コンビニ
  5. 銀行(ペイジー)
  6. イマすぐ入金(後払い)
  7. ポイントサイト
Kyashのチャージ方法だよ!
ポイントゲット【フィッシュスティック】

クレジットカード/デビットカード

お持ちのVISAカード、MastercardからKyashにチャージできます。

残高が不足している場合は、紐づけているカードから差額分を自動決済される仕組みとなっているので、都度アプリを起動してチャージする手間もありません。

JCBは未対応…

銀行口座振込

銀行口座をKyashに登録することで、リアルタイムで入金できます。

入金手数料(チャージ手数料)は無料!銀行口座から同時引き落としなので使いすぎの心配なしだね!

 セブン銀行ATM

セブンイレブンなどに設置してあるセブン銀行ATMからKyashにチャージできます。

  1. スマートフォンでの取引を選択
  2. QRコードをスキャンする
  3. 企業番号を入力する
  4. お金を入れる(1000円以上)
  5. チャージ完了

コンビニ

ファミマ、ローソン、ミニストップ、セイコーマートからKyashにチャージができます。

  1. アプリ内チャージからコンビニを選択
  2. チャージしたい金額を入力する
  3. コンビニ端末で申込書を発券
  4. レジでお金を払う
  5. チャージ完了

銀行(ペイジー)

ペイジーを使ってネットバンクや金融機関のATMからKyashにチャージできます。

  1. アプリ内からペイジーを選択
  2. チャージしたい金額を入力する
  3. 各銀行ATMで払込手続きをする
  4. チャージ完了

イマすぐ入金(後払い)

Kyashの後払い機能「イマすぐ入金」からKyashにチャージできます。

  1. アプリ内「イマすぐ」入金を選択
  2. 申込情報を入力する
  3. 金額を選択する
  4. チャージ完了

イマすぐ入金の機能は、要審査があり最低3000円~最大50000円まで、Kyashの利用状況に応じて入金可能額を即座に算出されチャージされます。

また、手数料が高額(例:3000円を借りた場合、手数料500円が発生)なので、急な出費や今すぐ買いたいものがある人以外は利用しない方が賢明です。

ポイントサイト

Kyashに交換できるポイントサイトを使ってチャージが可能です。

  1. ポイントサイトに登録する(無料)
  2. ポイントサイトでポイントを貯める
  3. 貯めたポイントをKyashに交換する
  4. チャージ完了

ポイントサイトは無料でポイントを貯めることもできるので、無料でKyash残高を増やすことができるぞ!

Kyashに対応しているポイントサイトは下記の記事にまとめていますので是非チェックしてみてくださいね。

Kyashでお買い物する方法

オンラインで決済する方法

オンラインショップでKyashを使う場合、クレジットカードの欄に「カード番号」「カード名義人」「有効期限」「セキュリティコード」を入力すれば使えます。

よくある質問だけど、カード名義人は、カードに記載されている「KYASH MEMBER」でも「自分のお名前(例:POINTGET)」どっちでも問題ないぞ!

実店舗で決済する方法

実店舗でKyashを使う場合、Kyashリアルカードの場合はレジ会計時にスタッフにカードを渡して、支払い回数を聞かれたた「1回」と答えればOKです。

実店舗でバーチャルカードを使う場合は、Google PayやApplePayにKyashを設定し、会計時に「クイックペイで」と伝えてリーダー端末にかざせばOKです。

QUICKPay+であってQUICKPayでは使えないので間違えないようにしよう!

Kyashのメリット

年齢制限がないので学生でも利用できる

Kyashは年齢制限がないので、スマホさえあれば誰でも利用できるメリットがあります。

クレジットカードが作れない学生でもKyashを使えば、クレジットカードと同じように決済ができるので学生には非常にありがたいサービスだと思います。

審査なしでVISAカードが作れる

Kyashは年会費もなければ審査もなく、誰でもVisaプリペイドカードを作れるメリットがあります。クレジットカードの審査に通らない人はKyashを使うのも一つの手ですね。

プリペイド式で使い過ぎを防げる

Kyashは事前チャージ式のプリペイドカードなので、使い過ぎの心配がありません。

不正利用の補償制度がある

Kyashでは、第三者に不正に取得(盗取または詐取)され、悪意ある第三者に不正利用された場合、端末の紛失や盗難により、Kyashマネー残高やKyashバリュー残高が、悪意ある第三者に不正利用された場合、クレジットカードや金融機関口座が、悪意ある第三者によりKyashアカウントに登録され、不正に利用された場合に補償制度があります。

ただし、不正利用を知ってから30日以内に不正補償申請をする必要があります。

Kyashのデメリット

リアルカード発行時に手数料が必要

Kyashのプラスチックのカードを発行する場合、発行手数料で300円 or 900円が必要になります。基本、クレジットカードを発行するのに手数料はかからないので、その点はデメリットと言えますね。

VISA加盟店でも一部使えない場所がある

KyashはVisaプリペイドカードですが、全てのVISA加盟店で使えるわけではなく、一部使えないVISA加盟店もあるので注意が必要です。

利用限度額がある

Kyashには利用上限があり、Kyash Card(本人確認済み)で、一ヶ月に100万円まで、ライトは、15万円、バーチャルカードは15万円までとなります。

高額決済には向かないので、ちょっとしたお買い物で利用する方がメインとなりそうですね。

まとめ

Kyash(キャッシュ)の登録方法から使い方、メリットとデメリットの解説でした。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました