ポイゲト公式ツイッター ポイゲト公式Instagram

【保存版】PayPal(ペイパル)の安全性と危険性と最も安全に利用する方法【2021年最新】

ポイゲト
ポイゲト

どうも「ポイントゲット。」です。

本日の記事は、オンライン決済サービス「PayPal(ペイパル)」の安全性(セキュリティ面)と危険性(利用することで起きうるリスク)、PayPaを最も安全に利用する方法について詳しく解説致します。

PayPalを既に利用されている方けど危険性はないのか心配な人、これからペイパルを利用予定で安全性が気になっている方の参考になさば幸いです。

PayPal(ペイパル)の安全性・セキュリティ面について

【安全性】365日24時間の監視システム

PayPal(ペイパル)は、すべての取引を365日24時間体制で監視しおり「不正」「フィッシングメール」「なりすまし」などによる被害を未然に防ぐ対策を行っています。

2,000人体制の不正対策専門チームが、お取引に不審な動きがないかなどを常にモニタリングしているため詐欺被害を未然に防ぐことができます。

【安全性】個人情報は暗号化キーで保護

PayPal(ペイパル)の個人情報は最高水準の暗号化キーで保護されています。

売り手(事業者)はクレジットカード番号などの決済情報を管理する必要がない(管理できないシステム)ので、個人情報保護の安全性が極めて高いです。

また、国際セキュリティ基準であるPCI DSSに準拠しているので、安全なお取引ができるのもPayPal(ペイパル)のメリットです。

【安全性】不審な動きはアカウント制限

PayPal(ペイパル)では、不正利用の疑いがある場合や、クレームやチャージバックが急増した場合、被害を最小限に抑えるためにアカウントが制限する場合があります。

アカウント制限が起きる条件
  1. 第三者が不正にアカウントにアクセスしたと検知した場合
  2. 利用規定ポリシーへ違反したと判断された場合
  3. 顧客からの異議・クレーム・チャージバックが急増した場合
  4. アカウント登録時の事業内容と異なる内容になっていた場合
  5. 売上が急増した場合
  6. チャージバックや返金が起こる可能性が高い業種の場合
  7. 予約販売を行っている場合
  8. ペイパルでのお取引年数が短い場合
事業者と利用者のアカウント制限
ポイントゲット。

制限を解除するには、安全を確認させていただくために書類のご提出が必要です。

【安全性】安心の売り手保護システム

PayPal(ペイパル)ではビジネスアカウント、事業者側もしっかり安心して利用できるる売り手保護システムが導入されています。

「承認していない」「商品またはサービスが届かない」などを理由にクレームや支払いの取り消しがあった場合、適用条件を満たせば保護されるプログラムです。

未承認の支払いや取り消しがあった場合、発送した商品が顧客に届かなかった場合に商品代金がペイパルアカウントに返金されるのでトラブルも最小限にできます。

ポイゲト
ポイゲト

PayPalの安全性は極めて優れていますが、それでもやっぱり危険性は少なからずあります。続いてペイパルを利用することで起きうるリスクをご紹介します。

PayPal(ペイパル)の危険性・リスク・欠点

PayPal(ペイパル)を利用することで起きうる危険性です。絶対に起きるわけではなく“こういった可能性が少なからずある”と見ていただけると幸いです。

【危険性】アカウント乗っ取り

PayPal(ペイパル)で最も注意しなければいけない危険性がアカウント乗っ取りです。

実際にペイパルアカウントの乗っ取りの話は多く、「新しいメールアドレスがお客さまのPayPalアカウントに追加されました」という件名のメールが届いて初めてアカウントが乗っ取られていることに気づく人も多いようです。

万が一アカウントが乗っ取られた場合は、サポートへの連絡はもちろんなのですが、まずSMS認証でコードを発行しパスワードを変更することをおすすめします。

パスワードが変更できたらログインしなおしてクレジット情報削除、メアドを再登録、乗っ取った側のメアドを削除、ログインの2段階認証をオンにしましょう。

【危険性】フィッシングメールで不正使用

PayPal(ペイパル)は知名度が高いだけあって、PayPalを装ったフィッシングメールが多く、実際にフィッシングメールが原因でアカウント乗っ取りや不正ログイン、不正使用される被害が世界中で起きています。

ポイゲト
ポイゲト

基本的に、アカウント乗っ取り・フィッシングメール・不正ログイン・不正使用が起きる可能性があることを理解しておくといいでしょう。

PayPal(ペイパル)を最も安全に利用する方法

PayPal(ペイパル)を利用するのが不安な方は「銀行口座」や「クレジットカード」を登録することで悪用される危険性を心配されているはずです。

ポイゲト
ポイゲト

安心してください。実はクレカや銀行口座を登録しないでも支払いができる方法があります。

それが“ポイントサイト”を使う方法です。

ポイントサイトとは?

ゲームやアンケート、モニター、サイト内の広告を利用することでポイントが貯まり、貯まったポイントを現金やギフト券、電子マネーと交換できるサービスです。

ポイントサイト「GetMoney!(げっとま)」では、貯めたポイントをPayPal(ペイパル)に交換することができます。

\ここから登録で即時200円もらえる/

げっとまは数あるポイントサイトの中でも還元率が高く、ポイントが貯まりやすいので初心者の方でも簡単にポイントをゲットすることができます。

GetMoney!(げっとま)で貯めたポイントをPayPalに交換して使えば、わざわざ銀行口座やクレカを紐づける必要もないため、万が一アカウントが乗っ取られても被害に遭う心配がありません。

安全に利用したい方は是非活用なさってみてください。

まとめ

PayPal(ペイパル)の安全性と危険性についての解説でした。

ポイゲト
ポイゲト

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました