Twitter(X)YouTube
※当ページのリンクには広告が含まれています。

【pring】に交換できるポイントサイト一覧・比較表【2020年最新版】

ポイゲト
ポイゲト

どうも「ポイントゲット。」です。

本日の記事は、無料送金アプリ「pring(プリン)」に交換できるポイントサイト一覧・比較表と交換方法やメリットについて詳しく解説します。

pring(プリン)ってな~に?

pring(プリン)は、メッセージ感覚でお金を送りあえる無料送金アプリです。

「いいね」も「すき」も「ありがとう」も、1円からお金に変えて送ることができたり、飲み会の際の割り勘に1円から請求することもできます。

pring(プリン)の中のお金はいつでも、銀行口座に戻したり、全国に25,000台以上あるセブン銀行ATMで、現金として引き出すこともできます。

pringに交換できるポイントサイト一覧・比較表

ポイゲト
ポイゲト

2020年5月時点のpring(プリン)に交換できるポイントサイト一覧と比較表です。

サイト名最低交換ライン交換手数料交換完了日
ちょびリッチ500円~無料リアルタイム
ポイントインカム600円~100円リアルタイム~翌営業日
アメフリ(旧i2iポイント)500円~月1回無料、2回目以降は100円5営業日以内
げん玉(Real Pay)1,000円~150円リアルタイム
ポインテラス500円~月1回無料、2回目以降は198円リアルタイム
PONEY500円~66円5営業日以内

青色アンダーラインマーカー」が記載されているポイントサイトはおすすめです。

ちょびリッチ」と「ポインテラス」だけが、500円から交換でき、尚且つ手数料無料で即時交換できるためpring(プリン)との相性がいいです。

実際にポインテラスからpring(プリン)に交換した記事はこちらです。

ポイントサイトからpringに交換するメリット

即日現金化することができる

ポイントサイトから現金(銀行振込)に申請する場合、実際に口座に振り込まれるまでに2日~5日程度かかる場合がほとんどだと思います。

ですが、ポイントサイトからpring(プリン)へは交換すれば即日銀行口座に現金が振り込まれます。pring(プリン)では銀行営業日の10:59までに銀行口座に戻す申請をすれば当日中に口座にお金が振り込まれます。

そのため、ポイントをすぐに現金化したい人は銀行口座に換金申請するのではなく、pring(プリン)に交換して銀行口座に戻す申請をした方が早いです。

手数料無料で交換ができる

ポイントサイトから銀行口座に換金をする場合、交換手数料が必要になることが多いですが、pring(プリン)なら交換手数料無料(条件付きで無料)が大半ですので、貯めたポイントを丸々現金化できます。

pring(プリン)に交換する際の注意点

ポイントサイトからpring(プリン)に交換する場合、事前にpring(プリン)のアプリをダウンロードし会員登録しておく必要があります。

また、pring側の個人情報とポイントサイト側の個人情報が一致していないと交換できないため適当な情報を入力するのだけはやめましょう。

ポイゲト
ポイゲト

基本的に電話番号と生年月日が一致していないと交換できない等の注意事項が記載されていますので確認しましょう。

まとめ

pring(プリン)に交換できるポイントサイト一覧と比較のご紹介でした。

\ポインテラスでポイ活はじめる/
ポインテラス,ポイントゲット。

タイトルとURLをコピーしました