ポイゲト公式ツイッター ポイゲト公式Instagram

【保存版】タウンWIFiの使い方・安全性・メリット・デメリットを徹底解説【2021年最新版】

ポイゲト
ポイゲト

どうも「ポイントゲット。」です。

本日は、フリーWi-Fiに自動で接続してくれるアプリ「タウンWiFi」の使い方や安全性、危険性、メリットやデメリット、評判から口コミまで徹底解説します。

タウンWiFiとは?

タウンWifiとは、街中にあるフリーWi-Fiに自動的に接続してくれるアプリです。

コンビニ、カフェ、ホテル、空港など、様々な場所でフリーWi-Fiが提供されていますが、フリーWi-Fiを使用する場合、フリーWi-Fiを提供しているお店のサイトに登録したり、接続するための設定する必要がありますが、タウンWifiを入れれば自動で接続してくれます。

また、Wi-Fiに接続するだけでポイントをゲットすることができ、獲得したポイントを現金やギフト券、電子マネーに交換することもできます。

ポイゲト
ポイゲト

フリーWi-Fiに接続する手間を省いてくれる上に、お小遣いも稼げるから一石二鳥の神アプリです。

タウンWifiのメリット・デメリット

メリット
  1. 自動的にWi-Fiに接続してくれる
  2. Wi-Fi設置のリクエストができる
  3. 速度制限を回避することができる
  4. 周辺のフリーWi-Fiを検索できる
  5. Wi-Fiに接続するだけでお金が貯まる
タウンWiFiのメリット・魅力
ポイントゲット。
デメリット
  1. 暗号化されていない可能性がある(セキュリティ面が少し心配)
  2. どこでもWiFiを拾ってしまう
  3. スマホの充電が減りやすい
  4. 場所によっては繋がらない場合がある
  5. プロファイルのログが残る可能性がある
タウンWiFiのデメリット・短所
ポイントゲット。

タウンWifiの使い方

タウンWifiの使い方・設定方法

  • STEP1
    アプリをDLする

    タウンWifiのアプリは、AppStoreやGooglePlayストアからダウンロードできますが、姉妹サイトである「ポイントタウン」というポイントサイト経由でDLすれば100円分のポイントがもらえますのでポイントタウン経由をオススメします。

  • STEP2
    位置情報を許可する

    タウンWifi,位置情報

    アプリをダウンロードして起動すると、位置情報の許可を求められますので許可してください。

  • STEP3
    ネットワーク候補を許可する

    タウンWifi,ネットワーク候補

    続いて、ネットワーク候補の許可を求められますので許可してください。

  • STEP4
    必要事項を入力する

    タウンWiFi,必要事項

    Wi-Fiの登録・ログインを自動化するための必要事項を入力します。

  • STEP5
    設定完了

    タウンWiFi,設定完了

    これでタウンWiFiの設定が完了となります。

ポイゲト
ポイゲト

上記はAndroidでの設定方法となります。iOS(iPhone)からご利用の場合は、プロファイルを作成も求めれますので画面に沿ってプロファイルを作成してください。

後は、フリーWi-Fiがある場所に行くだけで勝手に接続してくれます。

Wi-Fiに接続されるのと同時に、WiFi POINTのスタンプが押されますので「GET」を押して、広告動画を視聴することでポイントをゲットすることができます。

タウンWiFiのお得にダウンロードする方法

タウンWiFiをダウンロードするなら「ポイントタウン」を経由が一番お得です。

ポイントタウンとは、GMOが運営する、貯めたポイントを現金やギフト券、電子マネーに交換することができるポイントサイト(お小遣いサイト)です。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

タウンWiFiを運営するのもGMOですので、ポイントタウンは姉妹サイトとなります。

ポイントタウンを経由してタウンWiFiをダウンロードして初回WiFiに接続が完了するだけで100円分のポイントがプレゼントされます。

直接、AppStoreやGooglePlayストアからダウンロードしても特典はありませんが、ポイントタウンを経由すれば100円がもらえるので経由してから登録した方がお得です。

獲得したポイントは、現金やAmazonギフト券、iTunesカード、GooglePlayカード、楽天ポイント、Tポイントまで様々なものと交換することができます。

まとめ

タウンWiFiの使い方やメリット、デメリットのご紹介でした。

ポイゲト
ポイゲト

それではまた!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました